つかず、離れず。
これ、シリコンとのつきあい方の極意


結局のところ、シリコーンかノンシリコーンかを考える上で、


「つかず、はなれず」

これが最良の答えかな、と。



要は、髪が傷んでシャンプータイムはいつも悲惨なことになっている人、いますよね。



このような方はシリコーン入りのシャンプーを胸を張って使っていいんです。



トリートメントとの相乗効果で髪は素早く保護され、それ以上のダメージを防ぎ、

快適に暮らせるのですから。



そのベネフィットに比べ、頭皮にちょっと残るかもしれないシリコンのことなど小さな問題ではないでしょうか。



思い出してください。
シリコンの強みは、化学変化して刺激になったり毒になったりしない所です。




逆に、健康毛の方はシリコン入りなど使う意味がありません。

無駄。
恥の上塗りとでも言いましょうか。


せいぜいリンスかトリートメントに含まれる保護成分で充分でしょう。



(例外でわざと重みをつけたい、という方には多少アリかと思います)


基本的には、よっぽど髪の扱いに困っている方はシリコン入りシャンプーを使うことで悩みが解決する可能性という得があります。


それで快適に暮らせるなら、あえて使ってもいいと思います。



それ以外、髪に関して問題ないか、ダメージもトリートメントで充分にカバーできる程度ならシリコンを含め保護成分が過剰なシャンプーを使う必要はありません。



つまり、「つかず、はなれず」ケースバイケースで使い分ければいいという話しで、

シリコン派、ノンシリコン派というように派閥を作るなんてのはシリコンにビビリすぎですw


今日から意識を変えれば、よいシャンプーに出会う可能性が広がります。

石けんで洗うといいのか?