シャンプー解析

市販シャンプーの成分のうち、

約50〜70%を占めるのが「水」。

約30〜40%が「界面活性剤」です。



これの種類によってシャンプーの性格が決まります。


残り10〜20%くらいが

補助洗浄剤や防腐剤・紫外線吸収剤・香料・保湿剤・酸化防止剤・ph調整・コンディショニング剤など。


もし主洗浄剤(界面活性剤)が、

皮膚への強い刺激があり、

アトピー性皮膚炎を悪化させ、

ハゲになり、

妊娠中のマウスを簡単に流産させてしまう成分だったら、




あなたは使いたいですか?



それが一番安くて有名なシャンプーだったとしても。


その成分は、

「ラウリル硫酸」を筆頭に、

「ラウレス硫酸=ポリオキシラウリルエーテル硫酸」
「パレス..硫酸..」という合成洗剤、歯磨き粉にも使われる成分です。



実は、市販シャンプーや美容室シャンプーの主成分で一番使われている成分です。

これらのシャンプーは、

頭皮や毛髪に必要な油分を取り去り、

キューティクルの薄い膜を破壊するパワーがあります。


たんぱく質変性による肌荒れ、

クセ毛、薄毛という悪影響を及ぼします。



にきび・肌荒れの原因にもなります。


街でパサパサで輝きの無い髪の方を見かけると思いますが、こうしたシャンプーが大きな原因となっているのです。

それだけ大きい力を持っている洗浄剤の効果をごまかすために、

油分やシリコンが多く配合され、


傷んだ髪や頭皮を覆ってしまうのです。


それを毎日毎日、1年365回も繰り返してるとしたら、怖くないですか?

ダメシャンプーが多い理由

シャンプー解析ドットコムトップへ シャンプー解析ドットコム(2)へ 商品の解析はこちらです。 解析ストア シャンプー解析ドットコム


5つ星かんたん購入なら 解析ドットコム公式ストア
解析ストア >>>解析ストア
シャンプー解析トップへ
^(C) 2015 株式会社ベスマ