シャンプー解析ドットコムトップへ シャンプー解析ドットコム(2)へ 商品の解析はこちらです。 解析ストア シャンプー解析ドットコム

無添加っていいの?


シャンプーの宣伝でノンシリコンと並んでよく「売り」にされているのが、

「無添加」。


何か肌に良さそうなイメージの言葉ですが、


何が無添加?




よくある「無添加」↓


防腐剤(パラベン)無添加


石油系無添加



代表的なのが上記2つですが、


まず防腐剤無添加系に多いのが「石けん」シャンプー。

これは石けん自体に軽く殺菌効果があるために、そもそも防腐剤があまり必要ない場合があること。

でも石けんに関してはいろいろとコラムしてある通り。


また、パラベンが無添加ですよ、と宣伝しているシャンプーも多いですが、その代わりにフェノキシエタノールが必ずといって良いほど配合。


↑同じ防腐剤ですが。。



そもそも防腐効果のないシャンプーなど、高温多湿なお風呂場の環境でしたら即効で腐ります。

腐ったシャンプーの臭いは、いいシャンプーほど強烈です。

なので、防腐剤、防腐効果は必ず必要です。





次に、石油系無添加。



これはいわゆるラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na、オレフィンスルホン酸など、いわゆる脱脂力が強すぎる界面活性剤のことを言いたいのでしょうが、

石油由来というだけで、ミネラルオイルや何かも肌に悪いようなイメージを持たれています。



そもそも、ラウレス硫酸Naとてヤシ油由来であり、石油そのものも天然成分ではありませんか。


石油由来で全く無害の成分は非常にたくさんありますし、安く大量生産できたりするのは石油系の恩恵である場合が多いわけです。



また、天然系成分(?)で毒になるものも実にたくさんありますから、


オーガニックか石油由来かで肌に悪いかどうかを判断するのは間違い。



成分1つ1つ性格が違いますから、先入観で決めずに、1つ1つを見て判断しましょう。


それをやっているのが、解析ドットコムであるわけです。