よくあるしりこーんネタ


シャンプー販売にてよく過大な表現がされる例です。それにツッコミをいれてみます。

ノンシリコンの安全なシャンプーです

いや、シリコン安全ですから...
なんとかシリコーンが入ってると危険と言わんばかりの宣伝をよく見掛けますが、
これは完全に消費者を騙しています。


画期的ノンシリコンシャンプー!

いや、シリコンがあるかないかで画期的にはならないと思いますが。。

シリコーンなしでサラサラ、きしまないシャンプーですよ!


それなら適当に油分とかカチオン系の成分とか混ぜれば簡単にできます。
持続性ないですけど。



ノンシリコンシャンプーを使い続けることによって健康な毛になっていきます!!

伸びればね。
そりゃ使い続けてるうちに健康な毛が生えてきますよね。
ダメージした部分がノンシリコンにしたから健康になるなんてことはありません。一時的にそう思わせることはできなくもないですが。

ノンシリコンはコーティングに悪い影響を与えません

ではシリコンを使ったらコーティングに悪い影響がある?
こういう何が言いたいのかわからない理論がたくさん。

そもそも、ノンシリコンですなんて言っておいて、アクリルコーティングとか、がっつりなしゃんぷーやトリートメントがとっても多いの、ご存じですか?成分名ではなかなか見分けづらいですが。



おまけ

解析は矛盾してませんか?シリコンは不可欠といったり、ノンシリコンがいいと言ったり!

シャンプーに入ってるのとトリートメントに入ってるのでは話しが違いますっていうのはわかると思いますが、

トリートメントを頭皮に塗る癖のある人はノンシリコンがいいでしょう。

そういう人はあまりいないでしょうから、ダメージが深い方はシリコンを応用して使用した方がずっといい仕上がりになりますよ。


シャンプーにシリコンをちょっと配合している場合があるのは、洗う時によほど髪が絡まる方向けということです。


別にシリコンでなくても同じような効果を狙えますが、シリコンが最も安価で効果大であることからそういう処方も存在します。


それが善か悪かという話しではなく、必要に応じて使い分ければいいだけの話しですので、

そういうのもあるんだな〜、と理解していただければよろしいかと。



結局のところどうしたらいいのか?
時と場合によるのです。

シリコンとのつきあい方の極意


シャンプー解析ドットコムトップへ シャンプー解析ドットコム(2)へ 商品の解析はこちらです。 解析ストア シャンプー解析ドットコム

5つ星かんたん購入なら 解析ドットコム公式ストア
解析ストア >>>解析ストア
シャンプー解析トップへ


^(C) 2015 株式会社ベスマ