陽性界面活性剤(カチオン界面活性剤)、高級アルコールなどの油・ シリコーン類

保湿剤 櫛通りが悪くなったりパサパサになるのを防ぐ成分。

センブリエキス、ローズマリーエキス、海藻エキスなどの植物エキスなど

商品の特徴に応じて添加される成分。

加水分解ケラチンなどのPPT成分

エタノール、プロピレングリコール、グリセリン、尿素など

溶解補助剤・温度差や濃度によって、粘性が変化したり結晶が析出したり、
凍結したりするのを防ぐために添加される。

パラベン・フェノキシエタノール

微生物(細菌カビ)の増殖を抑え製品の変質や腐敗を防ぐ

BHT・トコフェロールなど

空気中の酸素による原料の酸化や腐敗を防ぐ     

クエン酸、リン酸、リンゴ酸など

PHを調整する--これにより弱酸性に調整されているものが多い

EDTA(エデト酸塩)、シュウ酸Naなど

水中に溶けているミネラル分による品質の変質を防ぐ成分

塩化Na、 塩化アンモニウム 硫酸Naなど

使いやすいよう、粘性を上げる-シャンプー剤が髪に残留する可能性がある

ジステアリン酸グリコール

パールのような光沢を見せる成分。
シャンプー剤を白く濁らせる成分。
なくてもいいシャンプー。

タール系色素(青色○号、赤色○号)、クチナシ黄など

外観、色を目的に応じて調整する。
原料臭を消すのに添加される。



^(C) 2015 株式会社ベスマ