解析流シャンプーのしかた

これでOK!シャンプーは時間をかけない

正しいシャンプーのしかたは?と聞かれた時、解析ドットコム流ではこのようにお答えします。



  • ①適量のシャンプー。基本1プッシュ。多すぎては逆に汚れが残る。


  • ②シャンプー前のすすぎを40度くらいのお湯でしっかりと。
    これでほとんどの汚れを落とせる。


  • ③シャンプーを頭髪全体に馴染ませつつ、もみこんで泡立てる。
    全体がしっかり泡立った時点で、もう流してOK。


  • ④整髪料がハードであるか、汚れが特別に多い場合は、上記の泡立て後に追加として指で頭皮をマッサージするように、
    おでこ生え際から後頭部に向かって指を滑らせていくを繰り返す。

    髪同士をこすり合わせたりしないこと。
    頭皮を優しくマッサージしながら、汚れを絡め取っていくイメージ。


  • ⑤この程度でもう十分にシャンプーの役割は果たせています。速やかにしっかり流しましょう。
解析流シャンプーのしかた

しっかり泡立ったら終わり?足りなくない?

美容室に行かれる方は、美容師がもし泡立てるだけで終わるシャンプーをしたら不満に思うでしょう。

手抜きと思われないように、美容師も念入りに、まるでマッサージ店のようにしっかりサービスを施すはずです。

しかし、本来頭皮・頭髪から必要な分の汚れを落とすだけなら
シャンプーを泡立てる程度で十分です。

それ以上の摩擦や過剰な洗浄は頭皮にも髪にも副作用の方が大きくなるばかりです。

副作用、と言いましたが、
例えば洗いすぎによる頭皮・髪の乾燥・ダメージの増幅・摩擦の頻度による傷み・ツヤの消失・皮膚常在菌の死滅によるスキンコンディションの悪化などなどがそれに当たります。

殺菌効果があるシャンプーや、脱脂力の強いシャンプーではさらに副作用が深刻になります。

湯シャンが一番いいの?

お湯だけでシャンプーを完結させる、通称「湯シャン」では、

大抵のホコリや汚れは落ちるものの、油分や皮膜の蓄積は除去出来ません。

長期的に見ると、これらの残留物は皮膚を刺激したり、脱毛の一因となったり、手触りを悪化させる恐れがあるので、

シャンプーは(泡立てるだけとはいえ)役割は重要です。

使いましょう。シャンプーを。

髪がサラサラになるので、シャンプーをつけ置きしたい?

シャンプーを頭皮で泡立てたまま放置する「泡パック」というようなことを好む方がいます。

あなたも、やってませんか?

より質の良いシャンプーになるほど、泡パックによって髪の感触が次第によくなる傾向があります。

ただし、感触のメリットより洗浄剤のデメリットの方が殆どの場合で多い。

洗浄剤を頭皮で泡立て、活性化させた状態で放置するということは、洗濯のつけ置き洗いと同じこと。

どんどん肌の皮脂・バリアを溶出させてしまう危険な行為です。

優しい洗浄剤でも、つけ置きすれば時間に比例して悪影響が顔を出します。

髪のコンディショニングを重視するならば、トリートメントに役割を割り切ってシャンプーは早めに流しましょう。

そして、より質の良いシャンプーは短時間の洗浄でも感触を十分に改善させます。

泡立ちの大小は洗浄力と関係ないが・・

実際のところ、泡がどのくらいたつかは洗浄力とはあまり関係がありません。

何となく、とても泡立ちが良い製品だとしっかり洗えてる気になりますが、

アミノ酸系の泡立ちにくい洗浄ベースでも、昨今では泡質をかなりコントロールできるようになってます。

ラウレス硫酸ナトリウムベースのシャンプー並みに、モクモクと泡立つアミノ酸系シャンプーもたくさんあります。

シャンプー選びのときに1つ大事にすべきポイントは、この泡立ちの良い製品を選ぶこと。

泡は、それ自体が汚れを引っ付けて道連れにしてくれる性質があるし、

髪同士の摩擦を防ぐのも泡の重要な役目です。

泡立ちが良く、泡質がきめ細かいもので、泡が持続し、すすぐときに泡切れがよいもの。

これが極上です。


どんなに優しい洗浄ベースでも、泡の質が良くないものは満足度を著しく低下させます。

シャンプー解析ジャーナル一覧 シャンプー解析ドットコム
解析流シャンプーのしかた Copyright 2017 Kaiseki INC.
[Finished in 0.1s]