シャンプージプシーならないための良いシャンプーの選び方とは

シャンプージプシーにならないために

自分に合うシャンプーを求めて色々試してみたけど、

一向に巡り会えないという方は多いのでは。


ここでは、良いシャンプーに求められる性質を挙げていきましょう。


1. 髪を傷めない。

2. 頭皮を傷めない。

3. 汚れ・皮脂を適度に落とすが、必要以上に落とさない。

4. 肌に浸透して悪さをしない。

5. 適正価格である。

6. 頭皮環境にとってメリットの方が大きい。

7. 環境中で分解性が高く、海川を汚染しない。

8. 感触・使用感が好ましい。


などなどです。

もう1つ加えておきましょう。


9. 皮膚の善玉菌を追い出さないもの。

シャンプージプシーならないための良いシャンプーの選び方とは

5つ星シャンプーはこれらの条件を少なくとも満たしたものです。


こんなシャンプーあるの?


あります。



市販でもあります。


美容室で売っているものが全ていいものではありません。
むしろ少ないです。

石けんは良くありません。

石けんが肌に優しいとか、頭髪に優しいと思うのは間違いです。

詳しくはこちらをご参照ください。

何しろデメリットが少ないことが肝心

解析ドットコムで低評価となるシャンプーに共通することは、少なくとも1つ以上の致命的な欠点があることです。

場合によっては、デメリットが相乗効果を示してよりダメになっているパターンもあります。


例えば、脱脂力が強すぎる

皮膚刺激が強すぎる

分解されづらく、環境ホルモンの懸念がある

髪を傷める

アルカリ性である

など、明らかに消費者に不利益が生じるような製品には厳しい評価点がついてしまいます。

良いシャンプーとは、デメリットが限りなく0に等しく、明確なメリットがあること

当然といえば当然ですが、


せっかく使うのだから使わない場合よりも明確にメリットがあることが重要です。


使っても使わなくても、、というものや、むしろ使うほうが状況を悪くするシャンプー・トリートメントではいけません。


使う価値があるものが良いシャンプーです。

いったいどれが良いシャンプーなの?

良いシャンプーの選び方はわかったが、実際どれが良いシャンプーなのか。


何も難しい成分名を1つ1つ覚える必要などありません。


シャンプー解析ドットコムを見れば一目瞭然にランキング化されています。


総合評価の高いシャンプーから順に、好みに合いそうなものを選ぶだけで、


上記のような必要条件を満たした製品を簡単に探し当てられるでしょう。

シャンプー解析ジャーナル一覧 シャンプー解析ドットコム
シャンプージプシーならないための良いシャンプーの選び方とは Copyright 2017 Kaiseki INC.
[Finished in 0.1s]