シャンプーの中身はどうなってる?

シャンプーの成分の割合は?

ほとんどのシャンプーの成分のうち、

約50~70%を占めるのが「水」

約30~40%が「界面活性剤」です。




界面活性剤

その他添加剤



大半を占める界面活性剤という素材によって、シャンプーの性格のほとんどが決まります。

界面活性剤がラウリル硫酸Naなのか、ラウレス硫酸Naなのか、石鹸なのか、アミノ酸型洗浄剤なのか、シャンプーのクオリティの8割以上はここで決まると言っても過言ではありません。

シャンプーの中身はどうなってる?

残り10~20%くらいが

補助洗浄剤や防腐剤・紫外線吸収剤・香料・保湿剤・酸化防止剤・ph調整・コンディショニング剤(感触改良)、キレート剤、髪の補強剤など。

割合の少ない補助成分・添加剤の中にも、全体に大きな影響を与える素材、危険性の高い素材、非常にメリットの大きい素材、安全性を高める素材など、
組み合わせによって総合的なクオリティを高めることも可能です。

肌にも髪にも環境にもデメリットの多い石鹸ですら、そのデメリットを薄めてくれる素材もあります。

一番大事な要素は。。

しかし、なんといってもベースの界面活性剤のチョイスは重要であることが、上のグラフを見ると一目瞭然でしょう。

シャンプー選びは、界面活性剤選びと言い換えても大げさではないのです。

シャンプーの中身はどうなってる? Copyright 2017 Kaiseki INC.
[Finished in 0.1s]