ノンシリコンシャンプーは買いか?

シリコンは結局どうなのか

シャンプーにシリコンがあるとダメなの?

ノンシリコンってそんなに良いの?

まずはそこから。そもそもシリコンって悪いものなの?というところから。

ノンシリコンシャンプーは買いか?

シリコンといったら金属。

シリコーンは炭素をはじめとした有機化合物を含む構造の化学物質。

実際には、シリコンといったら金属ケイ素=カチカチの金属です。

上の写真のような金属のことを指します。

実は、化粧品などに含まれるシリコンはシリコーンと呼ぶほうが正しい。



前置きはこのくらいにして、シリコーンは実際のところ肌や髪に悪いものなの?

シリコーンの最も偉大な特徴は、全く無害であるということ。

それ自体がほとんど化学変化せず、

熱や水や電気にも酸にもアルカリにも強い

酸化、分解をしないということで、シリコーンは人体に毒性も刺激もないのが特徴です。


更に、髪に対してはキューティクルと同じような役割を果たします。

傷んでしまった毛髪の表面、キューティクル層をシリコーンにより被膜することで、

擬似的にキューティクルを復活させ髪を守り、水をはじく疎水性という状態を作ります。


また、リンスなどに含んで髪の滑り、撥水性、被膜形成をしてコンディショニング効果を簡単に得られる。



ここまで読むと、シリコンの何がいけないの?と思いませんか?


では逆に、シリコンのデメリットはあるのでしょうか。

昔のシリコーンはビルドアップ(堆積)してしまうデメリットがあった

かつてのシリコーンの中には、使うほどに髪に蓄積し、感触を損ねるという欠点がありました。

しかし、現在流通しているシリコーン素材ではあまりそのような欠点はありません。

多少ビルドアップし易い、しにくいといった差はありますが、

概ね心配するほどのデメリットとは言えません。


しかし、

質の悪いシャンプーをごまかす目的でシリコーンを配合している製品は例外です。


シリコーン自体は悪くなくても、シャンプーが悪いのは論外です。


この点は注意しなくてはなりません。

シリコーンでカラーやパーマがかかりにくくなる?

ビルドアップしにくくなった、という事情もありますが、

元々シリコーンはメッシュ状にコーティングする性質があるため、

空気も水も一定程度通す構造なのです。


なので、シリコーンコーティングされた髪であっても、実はカラーもパーマもかかります。


むしろ、ダメージを大きくしないため、毛髪ダメージ部にシリコーンをはじめとしたケア剤を塗布してから施術するケースがほとんどです。

前述した擬似的にキューティクルを復活させた状態でカラーなりパーマを当てるほうが髪のダメージは当然小さく済みます。


ゆえに、シリコーン毛でもカラーもパーマも大丈夫です。

シリコーンと同じ役割の素材は他にもある。

シリコーンより上とか、下という話ではなく、

シリコーンのようにコーティング目的の素材というのは色々とあります。


代表的なものでは、、

キトサン

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl

ミネラルオイル

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

などなど・・

あくまで一例ですがこれらの成分もシリコーン代替素材として使われたり、併用されたりしています。


これらの多くは、いわゆるノンシリコンをテーマにするために導入された素材であるともいえます。


というのも、シリコンよりこれらの素材が特別メリットが有るかというと、微妙です。


シリコンのような働きをするし、それぞれ個性の違いはあるものの、シリコンより優れているとは断言出来ません。


そもそも、これらの素材よりも潤滑性という面ではほとんどシリコンの勝ちとなるでしょう。

組み合わせて使うと相乗効果のようになる素材も多いです。


ノンシリコンが良くて、これらの素材を代わりに使えば何かが解決するということはないと考えるべきでしょう。

いかにバージン毛に近づけるか、をテーマにすると、シリコンだけでは力不足

髪のコーティングにシリコーンは有用ですが、よりバージン毛に近い仕上がりを追求するならば、

前述のような素材を加えることが近道です。


特に、人工皮膚素材のキトサン、滑性が素晴らしいアルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClのような素材も良いですね。


ミネラルオイルはテカテカの隙間のない被膜を作るので、不自然です。


髪の中の強さを復元するために、羽毛ケラチンなどを追加することも考慮すべきでしょう。


そうです。目的に合わせて成分をチョイスしましょう。


ノンシリコンというのは、シリコンが何か危ない存在だから避けようという勘違いに基づいた発想です。


安心して使ってください。


そして、多彩なバリエーションを持つシリコーン素材をぜひ積極的に活用してみてください。

シャンプー解析ジャーナル一覧 シャンプー解析ドットコム
ノンシリコンシャンプーは買いか? Copyright 2017 Kaiseki INC.
[Finished in 0.1s]